勤務方式研究会”(仮称)を開始

YUVECは高齢者の職場還流事業(「まだ出来る人」の“隙間時間”活用プロジェクト)の一環としてシニアの採用に関心を持たれている企業を対象に、
“勤務方式研究会”(仮称)を開始いたします。

(本年度5回の研究会を開催する予定。年会費6万円) 

第一回目は7月23日(月)17時からで、開催要領は下記のとおりです。日本の雇用情勢の分析、高齢者の隙間時間活用に向いている業務の切り出し、それらの組み立て方、評価の仕方、報酬、高齢者法制、助成金、補助金に関わる制度等豊富な内容を計画しておりますが、それらに加えてディスカッションのセッションを設け、研究会参加企業がお互いの知見、経験を交換することを考えております。 

 本研究会はシニアの採用に関心を持たれている企業を対象とし、高齢者も含めて新しい働き方をどのように設計するかなど参加企業の事業上のメリットを引き出すための研究会といたしますが、YUVEC会員企業であることを条件とはいたしません。

 ご関心をお持ちいただける場合は 下記にお問合せ下さい。

<<問合せ先>>

特定非営利活動法人YUVEC E-mail: yuvec100@ynu.ac.jp 

<第1回研究会開催要領>

 日時 :7月23日(月)17時から
 場所 :横浜国立大学常盤台キャンパス
       (詳細は参加企業に別途お知らせします)

 講師 :株式会社自分楽代表取締役、
      静岡大学客員教授・学術博士、
      一般社団法人日本産業ジェロントロジー協会(JIGA)代表理事
        崎山 みゆき 氏

    「産業ジェロントロジーに基づいた シニア人材活用の企業事例」 

 講演のほか、参加メンバーによるグループディスカッションを行います。

 お問い合わせ宜しくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です